caution

イヤーセラピスト個人会員規約

第1条(総則)

本規約は、一般社団法人JEBジャパンイヤービューティ協会(以下「当協会」という。)が規定するイヤーセラピスト個人会員について必要な事項を定める。

第2条(個別契約との関係)

本規約は、当協会とイヤーセラピスト会員との間の会員契約及びイヤーセラピストプロ資格(以下「本セラピストプロ資格」という。)に関する事業(以下「本事業」という。)の基本的なルールを規定するものとし、当協会とイヤーセラピスト会員とが本規約とは別の書⾯により、本規約の条項と競合する内容の条項を 定めたときは、その別の書⾯の約定が優先する。

第3条(⼊会)

1.下記の【協会の理念】・【協会の⽬的】・【協会の⽬標】に賛同し、本規約内容に同意し、イヤーセラピスト会員としての⼊会申し込みをした者が、当協会により⼊会を承認されることにより、当協会のイヤーセラピスト会員となり、当協会とのイヤーセラピスト会員契約が成⽴する。 【協会の理念】 当協会は、“本質の癒し” と“イヤーエステ” という新しいジャンルのイヤーエステの職業を確⽴し、イヤーエステを全国に普及させるための基盤を構築していきます。
“⽿で繋ぐ⼼のコミュニケーション”
〜癒しの本質・⼼【MIND】体【BODY】魂【SPIRT】〜、イヤーエステで全国の⼈の⼼と体と魂の疲れを取り、⽇本中を元気する。

【協会の⽬的】
1.昔からしている⽿かきの、正しいやり⽅を教える。
2.親⼦関係、夫婦関係、⼤切な⼈とのコミュニケーションツールとして⽿かきを浸透させる。
3.イヤーエステという新しい分野の職業を確⽴する。
4.イヤーセラピストという新しい分野のお仕事を作り、⼥性が働きやすい場を作る。
5.イヤーエステで、現代病のストレスと疲れを取る。

【協会の⽬標】
1.全国の都道府県に当協会の⽀部を作る。
2.全国にイヤーエステサロンを作る。
2.当協会のイヤーセラピスト会員になろうとする者は、当協会が別に定める⼊会申込⽅法により当協会に⼊会を申し込み、当協会の承認を得なければならない。

第4条(⼊会の不承認)

イヤーセラピスト会員の⼊会申し込みをした者が、次の各号のいずれかに該当する場合、当協会は、その者の⼊会を承認しないことがある。
(1)申し込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記⼊漏れがある場合。
(2)過去に本規約違反等で当協会から会員資格を取り消されたことがある場合。
(3)その他、当協会がイヤーセラピスト会員と認めることを不適当と判断した場合。

第5条(会員契約の有効期限)

1.イヤーセラピスト会員契約の有効期間は、同会員になった⽇の翌⽇から起算して最初に到来する3⽉31⽇までとし、更新をすることができる。更新後の有効期間は4⽉1⽇から翌年の3⽉31⽇までとし、その後もまた同様とする。
2.イヤーセラピスト会員が、次の各号のすべての要件を満たした場合、同会員契約の有効期間は⾃動で更新される。
(1)更新⽇から1か⽉前までに当協会より更新しない旨の通知を受けていないこと。
(2)本規約に違反していないこと。
(3)次項の異議を述べていないこと。
3.更新⽇から1か⽉前までに、当協会が、イヤーセラピスト会員に対して更新後の本規約内容を変更する旨及び変更後の本規約内容を通知した場合において、同会員が当協会に対し当該通知の⽇から2週間以内に異議を述べない場合は、更新後の本規約内容は当該変更内容どおりに変更されたものとみなす。
4.前項の場合を除き、更新後の本規約内容は更新前と同⼀とする。

第6条(会員の権利)

イヤーセラピスト会員は、次の各号に掲げる権利を有する。
(1)イヤーセラピスト講座(本セラピストプロ資格(1級資格)の認定講座も含む。)を受講できる権利(但し、同講座を受講するための条件、同講座の開催要項、内容、修了要件等については、当協会が別に定めるものとする。)
(2)当協会が発信する、当協会に関する情報、講座情報などをメール⼜は郵送にて受け取ることができる権利
(3)当協会が別に定める商品を購⼊できる権利
(4)その他、当協会が別に定める権利がある場合はその権利

第7条(会員資格の承継・退会・取り消し)

1.イヤーセラピスト会員が退会あるいは死亡した場合は、当該会員の会員資格は失われるものとする。
2.イヤーセラピスト会員の地位の第三者への承継は⼀切できないものとする。
3.イヤーセラピスト会員は、退会をしようとする時は、その退会の⽇の1か⽉前までに当協会に対し当協会所定の⽅法により退会の通知をすることにより、退会することができる。
4.当協会は、イヤーセラピスト会員が次の各号に掲げるいずれかの事由に該当すると認めた場合、同会員の会員資格を取り消すことができる。
(1)当協会の名誉を著しく傷つける⾏為⼜は会員としての品格を損なう⾏為があったと当協会が認めた場合
(2)法令⼜は公序良俗に反する⾏為を⾏った場合
(3)第8条の本セラピストプロ資格を喪失した場合
(4)本規約及び本規約以外において当協会との間で合意をした約定その他の事項に違反をした場合
(5)本規約に基づき当協会が別で定める規定その他の事項に違反をした場合
(6)イヤーセラピスト会員となった後1年以内に当協会から第8条の本セラピストプロ資格を付与されない場合
(7)その他、当協会が会員として不適格と認める相当な事由が発⽣した場合
5.イヤーセラピスト会員は、会員資格を喪失した場合、本規約から⽣じる⼀切の権利を喪失する。
6.イヤーセラピスト会員は、会員資格を喪失した場合、当協会から提供された、イヤーセラピストに関連する⼀切の教材・レンタル品を、速やかに当協会に返却するものとする。

第8条(本セラピストプロ資格の付与)

1.イヤーセラピスト会員が、次の各号のすべての要件を満たした場合、当協会による本セラピストプロ資格の付与の効⼒が⽣じるものとする。
(1)当協会が主宰する本セラピストプロ資格(1級資格)の認定講座を受講し、修了したこと。なお、同認定講座を受講するための条件、同講座の開催要項、内容、修了要件等については、当協会が別に定めるものとする。
(2)当協会が主宰する本セラピストプロ資格(1級資格)の認定試験(実技、受験料1回5000円、消費税別)に合格すること。なお、同試験の開催要項、内容、合格基準等については、当協会が別に定めるものとする。
(3)本セラピストプロ資格の認定料5000円(消費税別)を当協会に⽀払い、イヤーセラピスト認定証を取得すること。
(4)本セラピストプロ資格のライセンス維持費5000円(年額、消費税別)のうち、本セラピストプロ資格が付与された⽇が属する⽉の翌⽉から最初に到来する3⽉までの⽉割りで算出した額を、前号の認定料と合わせて当協会に⽀払うこと。
(5)本規約に同意すること。
(6)当協会のイヤーセラピスト会員であること。
2.イヤーセラピスト会員が同会員資格を喪失した場合には、本セラピストプロ資格の付与の効⼒も喪失するものとする。

第9条(本セラピストプロ資格の有効期間と更新)

1.本セラピストプロ資格(1級資格)の有効期間は、本セラピストプロ資格が付与された⽇から最初に到来する3⽉31⽇までとし、更新をすることができる。更新後の有効期間は4⽉1⽇から翌年の3⽉31⽇までとし、その後もまた同様とする。
2.本セラピストプロ資格を更新するためには、イヤーセラピスト会員はライセンス維持費5000円(年額、消費税別)を当協会が定める⽇までに当協会に⽀払わなければならない。
3.イヤーセラピスト会員が、次の各号のすべての要件を満たした場合、本セラピストプロ資格の有効期間は⾃動で更新される。
(1)本セラピストプロ資格のライセンス維持費5000円(年額、消費税別)を更新⽇から1か⽉前までに当協会に対して⽀払うこと。
(2)更新⽇から1か⽉前までに当協会より更新しない旨の通知を受けていないこと。
(3)本規約に違反していないこと。
(4)第5条第3項の異議を述べていないこと。

第10条(本セラピストプロ資格に係る権利)

1.本セラピストプロ資格を有する者は、「⼀般社団法⼈JEBジャパンイヤービューティ協会認定イヤーセラピスト」の呼称を肩書きとして使⽤して、イヤーセラピストとして活動することができる。
2.本セラピストプロ資格を有する者は、前項のほか次の各号に掲げる権利を有する。
(1)当協会HPに掲載される権利
(2)その他、当協会が別に定める権利がある場合はその権利

第11条(本セラピストプロ資格の喪失)

イヤーセラピスト会員が次の各号に掲げるいずれかの事由に該当した場合、当協会は、当該会員の本セラピストプロ資格を喪失させることができる。
(1)第16条に規定する⾏為を⾏った場合
(2)本規約、当協会の他の規約⼜は法令に違反した場合
(3)公序良俗に違反し、⼜は犯罪に結びつくおそれのある⾏為を⾏った場合
(4)本規約及び当協会が別に定める規定等により通知をすべき事項について、通知を怠り⼜は虚偽の通知をした場合
(5)イヤーセラピストとしての品位に⽋け、相応しくない態度をし、⼜は相応しくない⾔動を⾏った場合
(6)当協会⼜は当協会の関係者に対し、誹謗中傷をしたと認められる事実がある場合
(7)当協会の事業活動を妨害する等により、当協会の事業活動に悪影響を及ぼした場合
(8)本セラピストプロ資格の付与を受け続けることが妥当でない事由があると当協会が判断した場合

第12条(本セラピストプロ資格返上)

1.イヤーセラピスト会員は、当協会に対して2か⽉前に通知をすることにより本セラピストプロ資格を喪失することができる。
2.イヤーセラピスト会員は、前項⼜はその他の事由により本セラピストプロ資格を喪失した場合、当協会に対して、既に⽀払った認定料、ライセンス維持費、講座受講料、その他何らの返還の請求もできず、本規約から⽣じる本セラピストプロ資格に関する⼀切の権利を喪失する。
3.イヤーセラピスト会員は、第1項⼜はその他の事由により本セラピストプロ資格を喪失した場合、当協会から提供された,本セラピストプロ資格(1級資格)の認定証及びこれに関連する⼀切の教材・レンタル品を、速やかに当協会に返却するものとする。

第13条(本セラピストプロ資格の承継の禁⽌)

イヤーセラピスト会員は、本セラピストプロ資格に関する⼀切の権利及び⼀切の義務並びに本規約上の地位を第三者に承継することができず、同会員が死亡した場合、本セラピスト資格は喪失するものとする。

第14条(会員の義務)

1.イヤーセラピスト会員は、当協会の⽬的を遵守し、当協会の活動を⽀援しなければならない。
2.イヤーセラピスト会員は、住所、⽒名(屋号)や登録内容に変更が⽣じた場合、直ちに当協会へ届け出なければならない。なお、当協会は、同会員が同届出を⾏わなかったことによる同会員の不利益についての責任を⼀切負わないものとする。
3.イヤーセラピスト会員は、常に安⼼安全を⼼掛け、無理な施術をせず、少しでも病気などの疑いがある場合には速やかに施術を⽌めてお客様に医師などに相談してもらうものとする。また、⽖を短く切ったりするなど、お客様に傷をつけないようにするものとする。
4.イヤーセラピスト会員は、お客様に施術する場合には、予め傷害保険やイヤーエステ保険などの賠償保険に必ず加⼊するものとする。ただし、家族などに施術する場合はこの限りではない。
5.イヤーセラピスト会員は、当協会の事前の書⾯による承諾がない限り、当協会の本セラピストプロ資格、イヤーエステシャン資格、イヤーセラピストインストラクター資格ないしはイヤーエステシャンインストラクター資格の保持なくして、当協会認定のイヤーセラピスト、イヤーエステシャン、イヤーセラピストインストラクターないしはイヤーエステシャンインストラクターであると誤信させるような活動を⾏ってはならない。

第15条(私的利⽤の範囲外の利⽤禁⽌)

1.当協会によって制作される著作物の著作権は全て当協会に帰属する。
2.イヤーセラピスト会員は、当協会が承認した場合を除き、当協会を通じて⼊⼿した⼀切の情報について、複製、編集、加⼯、販売、送信、出版、放送することはできず、その他当協会が指定する⽅法・範囲を超えて使⽤することはできず、また、第三者に使⽤させることはできない。

第16条(禁⽌事項)

イヤーセラピスト会員は、同会員である間のみならず同会員資格喪失後においても、次の各号に掲げる⾏為を⾏ってはならない。
(1)「⼀般社団法⼈JEBジャパンイヤービューティ協会認定イヤーセラピスト」、「イヤーセラピスト」等の名称を⽤いて、⾵俗に関する営業(⾵俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条各号に掲げる営業を含み、それらに類似すると当協会が判断する営業を含むものとする。以下「⾵俗営業」という。)の業務や施術等を⾏うこと。
(2)本セラピストプロ資格の認定講座のコンテンツ及び当協会が主宰する他の講座において習得した知識、ノウハウ等を⾵俗営業の業務や施術等において使⽤すること。
(3)当協会の同意なく、本セラピストプロ資格の認定講座及びその他当協会が主宰する他の講座の内容、テキスト、習得した技術等を第三者に対して開⽰すること(YouTube、facebook等のソーシャルメディアを利⽤して開⽰する場合を含むがそれらに限られない。)。
(4)当協会の主宰する講座の受講者、当協会の他の会員、その他当協会の関係者に対して、マルチレベルマーケティング、ネットワークマーケティング、その他連鎖販売取引への勧誘、宗教等への勧誘、その他当協会が別で禁⽌する商品⼜はサービスの購⼊の勧誘を⾏うこと、及び、これらの勧誘とみなされる⾏為を⾏うこと。
(5)当協会のホームページ、SNSなどで使⽤している写真素材を無断で使⽤すること。
(6)当協会の主宰する講座で習得した技術を「⽿リフレ」「イヤーリフレ」等、名称を変更してお客様に提供すること。
(7)当協会の指⽰するイヤーセラピスト標準施術価格(10分1000円以上、消費税別)を尊重せずに当協会の主宰する講座で習得した技術をお客様に提供すること。
(8)当協会の事前の書⾯による承諾がないにもかかわらず、当協会の本セラピストプロ資格、イヤーエステシャン資格、イヤーセラピストインストラクター資格ないしはイヤーエステシャンインストラクター資格を保持せずに、当協会認定のイヤーセラピスト、イヤーエステシャン、イヤーセラピストインストラクターないしはイヤーエステシャンインストラクターであると誤信させるような活動を⾏うこと。

第17条(資料・情報等の返還)

イヤーセラピスト会員は、会員資格を喪失した場合、当協会から受領した⼀切の情報を当協会に対し直ちに返却し、返却できないものは破棄をした上で、その破棄に関する適切な証明書を当協会に提出するものとする。

第18条(競業禁⽌)

イヤーセラピスト会員は、同会員である間及び同会員資格喪失後2年間は、当協会の書⾯による事前の同意がある場合を除き、⾃⼰⼜は第三者の名をもって本事業と同種⼜は類似の事業を⾏ってはならず、本事業と同種⼜は類似の事業を⾏う者に対し、⾃⼰⼜は第三者の名をもっていかなる役務も提供してはならず、いかなる協⼒⼜は従事もしてはならない。なお、本条における「同種⼜は類似の事業」とは当協会の主宰する講座において習得した知識、ノウハウ等をもって、セミナー、講座等を開催することを含むものとする。

第19条(秘密保持)

1.イヤーセラピスト会員は、同会員である間のみならず同会員資格喪失後においても、本規約の履⾏ないし本事業に関する業務の遂⾏上知り得た当協会に関する⼀切の情報(以下「秘密情報」という。)について秘密を保持し、当協会の事前の書⾯による承諾がある場合を除き、第三者に開⽰または漏洩してはならない。但し、次の各号の⼀に該当する場合を除く。
(1)必要な限度で、法令上守秘義務を負う弁護⼠等の専⾨家に対して開⽰する場合
(2)官公署⼜は法的⼿続により提出を命じられた場合
2.前項にかかわらず、当協会の情報を知得した者が次の各号の⼀に該当することを⽴証し得た情報は、秘密情報に含まれないものとする。
(1)知得する以前に公知であった情報
(2)知得する以前に⾃らが既に保有していた情報
(3)知得した後、⾃らの責に帰さない事由により公知となった情報
(4)知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報
(5)知得した後、⾃⼰の独⾃の開発により知得した情報

第20条(通知の⽅法等)

1.当協会からイヤーセラピスト会員に対する通知の⽅法は、Eメール、その他当協会が定める⽅法をもってすれば⾜りる。
2.当協会からイヤーセラピスト会員に対する通知が到達しない場合、当該通知は通常到達すべき時期に到達したものとみなす。

第21条(広告等)

1.イヤーセラピスト会員が、同セラピストとして広告や活動の広報を⾏う場合は、社会通念に照らし適切な⽅法をもってする。
2.イヤーセラピスト会員が、当協会の名称⼜は本セラピストプロ資格の名称を使⽤して、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、Webメディア等に出演、掲載されようとする場合は、事前に当協会にその旨を通知しなければならない。
3.イヤーセラピスト会員が同セラピストとして広告や活動の広報を⾏うにあたって遵守すべき事項について当協会が別に規定を定める場合は、同会員はそれに従うものとする。

第22条(委託等の禁⽌)

イヤーセラピスト会員は、同セラピストとしての活動を第三者に⾏わせてはならない。

第23条(類似的商標出願の禁⽌)

イヤーセラピスト会員は、同会員である間のみならず同会員資格喪失後においても、当協会、当協会の代表者、当協会の代表者が主宰する法⼈が設定登録した商標の全部⼜は⼀部の⽂字列、図形及び記号を含む商標をもって商標権の設定登録の出願をしてはならないものとする。

第24条(損害賠償)

イヤーセラピスト会員は、故意⼜は過失により当協会に損害を与えた場合には、その賠償をする義務を負う。

第25条(当協会の免責等)

1.イヤーセラピスト会員が同セラピストとして活動中、第三者に対し損害を加えた場合においても、当協会は、同会員及び第三者に対し何らの責任も負わず、同会員から⼀切の求償も受けないものとする。
2.本セラピストプロ資格の付与は、当協会がイヤーセラピスト会員に対して、同会員の事業における成果を何ら保証するものではなく、また同会員が⾏う事業に関して⼀切の責任を負うものではないことを確認する。
3.当協会とイヤーセラピスト会員とは、独⽴した事業者であり、相互間に代理、雇⽤、共同経営、合弁等の関係がないことを確認する。
4.イヤーセラピスト会員間で紛争が⽣じた場合には、当該会員間で処理するものとし、当協会は⼀切の責任を負わないものとする。

第26条(規約内容の変更)

1.本規約の内容は、書⾯をもって当協会とイヤーセラピスト会員とが合意をすることにより変更することができる。
2.前項にかかわらず、当協会は、次に掲げる場合には、本規約の変更をすることにより、変更後の本規約の条項について合意があったものとみなし、個別にイヤーセラピスト会員と合意をすることなく会員契約の内容を変更することができる。
(1)本規約の変更が、イヤーセラピスト会員の⼀般の利益に適合するとき。
(2)本規約の変更が、契約をした⽬的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

第27条(個⼈情報)

次の各号のいずれかに該当する場合、当協会は、イヤーセラピスト会員の⼊会申込及び提出書類に記載された個⼈情報を利⽤でき、また、第三者へ提供することができる。
(1)当協会の活動に関して使⽤する場合
(2)法令等に基づく場合
(3)⼈の⽣命、⾝体⼜は財産の保護のために必要がある場合
(4)国の機関若しくは地⽅公共団体⼜はその委託を受けた者が、法令の定める業務を遂⾏することに対して協⼒する必要がある場合

第28条(暴⼒団等反社会的勢⼒の排除)

1.イヤーセラピスト会員は、当協会に対し、⼊会申込時において、暴⼒団、暴⼒団員、暴⼒団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴⼒集団、その他反社会的勢⼒に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
2.イヤーセラピスト会員は、当協会が前項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協⼒し、これに必要と判断する資料を提供しなければならない。
3.当協会は、イヤーセラピスト会員が暴⼒団等反社会的勢⼒に該当すると判断した場合、⼊会申込みを拒絶し、または催告することなく会員契約を解除することができる。
4.当協会が前項の規定により会員契約を解除した場合には、当協会は、これによるイヤーセラピスト会員の損害を賠償する責を負わず、受領済みの受講料等も⼀切返還することを要しない。

第29条(条項等の無効)

本規約の条項のいずれかが裁判所により違法⼜は無効であると判断された場合であっても、当該条項以外の他の条項の効⼒は影響を受けないものとする。

第30条(管轄裁判所)

本規約に関し、当協会とイヤーセラピスト会員の間に紛争が⽣じた場合には、東京地⽅裁判所⼜は東京簡易裁判所を第⼀審の専属的合意管轄裁判所とする。

第31条(協議事項)

本規約の内容について疑義が⽣じた場合、⼜は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い、協議の上、円滑に解決を図るものとする。