梅田由佳 講師
2019年12月2日9:54 AM
1万時間の壁
こんにちは。
認定講師の梅田です。
ある記事を読みながら 
これってイヤーエステも同じよねー
と思ったのでシェアしますね。
「努力」が必要です。 
努力というのは、毎日コツコツと練習、訓練、学習の積み重ね。
それは、必ず結果となって現れます。
何度も何度もレッスンしていくと
その度に壁にぶち当たります。
「自分には才能がないから」
と才能の有無のせいにしてしまいたくなります。
「才能」について、研究もされているそうですよ。
その研究結果によると、
学問でも、芸術でも、スポーツでも
世界レベルに達している人には、本人が自覚するしないに関わらず、
「1万時間」のそのことについての練習や努力を費やしていると言われているのだそうです。

「天才! 成功する人々の法則」

という本に

☆一万時間より短い時間で、真に世界的なレベルに達した例を見つけた調査はない。まるで脳がそれだけの時間を必要としているかのようだ。
☆「練習をせずに天才的才能を発揮する人」も、「いくら練習をしても上達しない人」の両者もいなかった。
☆モーツァルトは3歳から練習をはじめ、5歳で作曲した頃には、
既に3500時間以上の負荷をかけた練習をしていた。
➡毎日8時間練習したとして438日ですね。
☆モーツァルトは6歳から作曲をはじめ、高く評価されたピアノ協奏曲ジュノム(K271)を作曲したのは21歳の頃。モーツァルトは作曲を始めてから傑作を世に送り出すまで20年以上かかっている。
☆不世出の天才モーツァルトでさえ、本来の才能を発揮するのは作曲時間が1万時間を過ぎた後なのだ。

訓練は優れたレベルに達した後ではなく、優れたレベルに達するために行われる。

天才と呼ばれるモーツァルトも
コツコツされていたのですね。
「合格するために」が第1目標ですが
施術者になって、技術が止まってしまう人、自己流でおかしなことになっているセラピストも見受けられます。
「練習してます!」
「毎日子供の耳でしてます!」
どのくらい?
「毎日20分以上向き合ってます!」
はてはて
合格は何年後なのか…
なーんて
偉そうなことを言っている私ですが
イヤーエステ、ちょうど1万時間になった頃です。
私は自身もコツコツ
努力を続けて行きます。
久々の自撮り(笑)
そして久々の川越での2級補講でした。
次のステップ1級プロ!
頑張っていきましょう!!